読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

eat,sleep,laugh

群馬に暮らす初老の男の日常です。

果たして自分よがりな保険代理店主は変われるのか

昨日、同業の仲間三人でじっくり話す機会があった。極端に友人が少ない僕にとって、包み隠さず悩みを相談できる貴重な存在だ。

そこでスタッフ募集をしているが、なかなか良い反応が得られないことを相談すると、厳しくも有り難いアドバイスをいただけた。

これまで僕のところに興味があって尋ねてきてくれた方に対して、夢を与えられていなかったばかりか、失望し肩を落として帰る背中を見届けてばかりだったように思う。

僕はありのままを伝えようと努力していた。僕が出来たのだから誰にでも出来ると言いながら、それなりに結果を出している僕だってこれくらいの収入しか得られていない。だから君が頑張ってもこれくらいだよと。そう、僕は僕より出来る人は来るわけがないと無意識に思い込んでいたのかもしれない。もしかしたら、僕なんかよりずっと早く結果を出し、多くの方の信頼を集め、軽く僕の収入を超していくかもしれないのに。その可能性を摘み取ってしまっていたわけだ。

僕は気楽な仕事を選んでほんの少しの成長に満足していた。営業しなくても伸びる会社なんて言いながら、自分を甘やかしていたのかもしれない。そんな店主のところに来てくれる方なんて居なくて当然だ。

スタッフの可能性を最大限引き出せる環境を作ること。それを僕の仕事と覚悟を決めない限り、スタッフ募集したって意味はないってことだ。

うちのスタッフ募集に興味があって話を聞きにきてくれた方。興味はあったけど募集のハードルが高く躊躇してしまっていた方。はじめてスタッフ募集の話を目にした方。僕の背中から覚悟が伝わったら連絡ください。少し時間はかかるかもしれないけど。

自分の滑りにじっくり向き合う

2016-17シーズンも中盤。
先シーズンは記録的な雪不足だったが、
今シーズンは降雪に恵まれているようで何よりだ。
この週末は降りすぎだったらしいけど。

スノーボードを始めて30年弱。
最初の10年はBURTONにお世話になり、
それ以降はGENTEMSTICKを愛用している。
これまで20本くらい乗り継いでいるのだけど、
なぜか手元に残るのはT.T165のみ。
他のモデルもそれぞれの良さがあるのだけど何でだろう。

早くも来シーズンのラインナップが発表されたようだ。
でも、なぜか興味が湧いてこないのは気のせいか。
春になれば眠っていた虫が騒ぎ出すとは思うけど。

www.gentemstick.com


まあ、来年のことはちょっと置いておいて、
残りのシーズンをいかに有意義に過ごすか、それ重要。
ということで、そのために必要なウェポンを投入することにした。
丸沼のバイオレットで僕の理想とするラインを描くために笑。



あー久しぶりにスノーボードが心底楽しい。

夢のガレージライフ

僕が理想とするガレージライフ。
それはGとクラシックMINIが並んでいる光景。
娘が大学卒業したら真剣に考えたいんだよな。

僕が免許を取って初めて買った車がMINI VANだった。
メイフィアの並行新車が110万くらいで売られていた頃、
中古で165万くらいしたんだよな。
あれから20数年、MINI熱再燃中。
これちょっと気になってる。

www.rising-mini.jp


あえてMk1じゃないほうが僕らしいかなと。
近くのショップだからちょっと覗きに行ってみよう。
その前にガレージが建てられる一戸建てに引っ越しなさい
と妻につっこまれそうだけど。

履歴書

従業員募集に少しだけど反応があった。これまで全く縁がなかった方からもメッセージいただきました。

そんな時、SNSはとても役に立つ。最近では就活用に架空の自分を作り上げる方も居るらしいが、数年掛けてそれをやるってこと自体もある意味凄いことだなと思ってしまう自分。逆にSNSに全く足跡がないほうが躊躇してしまう。何のSNSにも興味を示さない2,30代というのはどれくらいの割合で居るのかな。

僕の仕事は街の息づかいを敏感にキャッチすることが求められているので、それにSNSは有用なツールだと思う。

引き続き、人材募集しておりますので、自薦他薦問わずお気軽にメッセージくださいね。せっかくだから僕から課題図書を一冊ご紹介。

過去に著者の坂田くんのプレゼンに同席する機会があったのだけど、短時間でクライアントが抱える課題を見事に抽出していた。そこには魔法の問いかけがあったように思う。誰もが納得する当たり前のことだけど誰も出来ていないことを知り意識する。誰にでも魔法の問いかけは出来る!

原点

ここ数日、社員募集のポストをするに当たって、改めて自分の会社の企業理念だったり、仕事を通じて実現したい社会を再確認する時間が取れた。

思えば、文系出身の僕をシステムエンジニアとして雇ってくれた奇特な会社で10年経験を積ませてもらった後、全く毛色の違う保険業界に飛び込んだのだった。

あの時描いていた漠然とした保険代理店のイメージを少しは形に出来たのだろうか。僕は保険代店は街の公民館やお寺と同じような役割を担う存在だと思っている。この街で生活していく上で、困ったことや嬉しいこと、内緒の相談ごとから夫婦喧嘩の話まで、一番気軽に話せる相手になっていたい。

そんなことを思い描くようになったのと、この本に出会った頃が見事に一致していたように記憶している。次の10年にやるべきことを確認する意味でも、この週末、もう一度読み返してみよう。それにしても、絶版になってしまっているのは勿体ない。

人材募集

ゆる募よりは急募な感じです。

数年に一度の恒例になってきた感ありますが、人材募集の案内です。
おいおい、まだ体制整備できてなかったのかよ、
というツッコミが聞こえてきそうで怖いです。

何も対策が取れぬまま事務所の平均年齢は上がるばかり。
いよいよマズイです。っていうか前から十分マズイですが輪をかけて。

なので、また懲りずにお願いです。

【僕の希望する人材像】

■他人が不幸になるような嘘をつかない方
■集合時間に早く着きすぎてしまう方
■うっかり同窓会や忘年会の幹事に指名されてしまう方
■自分もおなか空いてるのに持っていたパンをあげちゃう方
■車を運転していて横断歩道に歩行者を見つけたら無意識にブレーキを踏んで渡らせてあげる方。

こんな感じです。
いかがでしょうか。

職場環境や賃金のことも気になりますよね。
うちの会社は損保ジャパン日本興亜の専属代理店。
そして完全なる親族企業です。
僕の他には実母、叔父、義理の姉できりもりしてます。
そんな中に飛び込めるかよって話ですが、
僕が言うのも何ですが、まあ優しい人ばかりです。

どれくらいいい環境かといえば、
冬型が決まったある日、朝一番で小一時間滑ってから出社しても、
今日のコンディションはどうだった?と最高の笑顔で迎えてくれる。
それくらいの温度感です。

あっ、あと重要なことを一つ。
うちに来て貰えるなら、保険会社で2,3年修行してきてもらいたい。
この間の身分は保険会社の社員扱いとなります。
そこでノウハウの蓄積と顧客の開拓を行った後に弊社にJOINって形です。
その間の給与は保険会社が負担します。
既婚子供アリの場合、月給は38万円くらいだそう。

あーアイツ向いてそうなんていう推薦でも構いません。
冗談じゃなく真剣に探してます。
助けてくださいー

備えあれば憂いなし

各地での大雪被害、お見舞い申し上げます。
鳥取県で300台が立ち往生なんてニュースもありましたね。

私の住む群馬県でも3年前に記録的な大雪があり、
1週間以上、生活に支障をきたすような災害を経験したっけ。

また先日、たんばらスノーパークへ向かったところ、
スキー場手前6,7キロ付近で全く車が進まなくなった。
上から下ってきた方に聞いたら、登れない車続出で断続的な渋滞。
解消する見込みはたっていないとのことだった。
このスキー場は高速道路からのアクセスが良く初心者に人気だが、
道中は結構難易度高めなんですよね。
雪道なめたらいけません。

ということで、11月末に納車になった僕のW463にも、
しっかり新品スタッドレスを履かせてます。

今回セレクトしたのはヨコハマ「iceGUARD SUV G075」。

www.iceguard.jp


定評あるブリザックが良いのはわかるが、
ヨコハマが久しぶりに投入した新型タイヤに興味があったので。

f:id:kohnen:20170126175906j:plain


ドライ路面でのスタッドレスタイヤ特有の腰砕け感もなく、
静粛性も標準タイヤと変わらない。
燃費に対する悪影響も今のところ見られない。

肝心の雪道性能だけど、まだあまり走れてない。
毎週末、スキー場には行くのだけど、しっかり除雪された道が多くて。

あーガッツリ雪道走りたいなあ。